新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

年内に57名の内定がほしいのでとてもピンチです! 〜数字でみるSmartHRの採用だより(2020秋)〜

お疲れさまです。人事総務グループ採用ユニット チーフの日永(ひなが/@hina)です🎎
毎週水曜日の全社会議(通称:SKJ)で採用報告をしているため「あ、あの人!」なんて思っていただけたら嬉しいです。今回は社内報で初となる、採用活動のご報告です。

はじめに

いつも採用活動へ多大なるご協力をいただきましてありがとうございます。2019年1月に80名だった社員数ですが、2020年9月には約290人にまで増え(!)、2020年度上半期だけでも90名を超える方々にご入社いただきました。

今回は、2020年度下期の採用活動について途中経過をご報告するのですが、報告する目的は、「ピンチの共有」です。みんなで採用活動を前進させるため、ピンチをオープンにして助け合いたいなと思っております💪
長文のご報告となりますので、落ち着いたタイミングでお読みいただけたら嬉しいです🍵

※ SmartHRの2020年度上期=2020年1月〜6月、2020年度下期=2020年7月〜12月 です
※ ご紹介する数字は、2020年9月30日時点のものです

サマリ

2020年度下期の内定承諾目標87名に対し、残り57名という状況です...!
ちなみに、2020年度上期もほぼ同数の目標値で、結果としては約90名の方から内定承諾をいただくことができました。

下のグラフを見ていただけると分かるのですが、下期は上期と比較すると内定承諾のペースが下がっており、これからの巻き返しには皆さんのご協力が不可欠です。

採用だより(2020年速報編!)|SmartHRオープン社内報

これ以降では、より詳細の情報とともに活動報告を行います。

活動報告

2020年1月以降の活動を、数字とともにご報告します(2020年9月30日時点の数字です)。

【応募・書類選考】上期後半から減少傾向 👉 回復傾向に

まずは、入り口となる応募数の傾向に関するご報告です。

画像4

2020年4月から7月にかけて、徐々に応募数が減っていることが分かります。これは、時期的な傾向や、また2020年度上期の採用活動において充足したポジションを一時的にクローズしたためであると考えられます。
しかし、下期に入って採用活動を再開したポジションや、新しくオープンするポジションも多く発生したため、回復傾向にあります。

下期に入って新しくオープンしたポジションの一部
新会社の社長
プラットフォームプロジェクトオーナー(SmartHRエコシステムの立ち上げ)
フィールドセールス(福岡勤務)
UXライター
その他、募集中のポジション一覧はこちら

応募数について触れましたが、一概に多くの方にご応募をいただいていれば良い状態なのか、というとそうではありません。採用活動は、候補者さまにも多大なるお時間をいただきますので、お互いの認識のズレを生まないよう、我々がどういう状況で、どういう方を求めているか?についての積極的に情報をオープンにしていくことが大切です。

ついては、今後も、より多くの方にSmartHRについてお伝えするイベント(Online meetup / SmartHR公開雑談 / エージェント説明会 など)や、お仕事紹介記事の作成などを予定しております!ご協力のお声がけをさせていただきますので、その際はよろしくお願いいたします。

【面接】数・合格率ともに下降傾向に 👉 回復傾向に

SmartHRでは、候補者さま・受入側ともに納得感のある採用活動を行うため、各ポジションの選考ステップの回数やアサインメンバーは柔軟にカスタマイズしています。結果として、毎月どのくらいの面接が行われているのでしょうか?

画像4

※ 面接実施日を起点として集計しています

応募数に連動して、面接数にも波が見られます。また、前項で掲載したグラフと比較して見ると、直近、書類選考の合格率が上がっているのに面接の通過率は下がっているという傾向もみられます。要因としては、下期にオープンした新しいポジションなどで、選考要件自体がまだ固まりきっていないポジションがある、などが考えられるかと思います。

応募書類だけで判断を行うのは難しく、やはりお会いしないとお互いに分からないこともあるので、この傾向をネガティブなものとは捉えてはいません。また、面接の合格率を気にして、候補者さま・SmartHRの双方のマッチングにこだわりきれなくなってしまうことは避けましょう。スタンスとしては、書類選考は「迷ったらGOGO」、面接は「迷ったらNOGO」くらいの温度感をおすすめします!

また、採用活動へのご協力といえばリファラルが取り上げられがちですが、書類選考や、面接・面談のご対応こそ重要な採用活動の一つであり、みなさんにはいつも多くのお時間をいただいておりとても有り難いです。引き続きよろしくお願いいたします😌

【入社】自己応募が減少・エージェントさま経由が増加

最後に、ご入社された方の採用経路の比率のご紹介です。こちらは、少し長いスパンで比較するため、2019年度下期以降の数字をご紹介します。ここ1年で、自己応募の割合が減り、特にエージェントさま経由のご入社が多くなっていることが分かります。
また、会社の規模が大きくなっても、リファラルの割合が大きく変わっていないことはとても嬉しいです!

画像4

※ 入社日を起点として集計しています

なお、今年ご入社された方々をみてみると、ご応募日からご入社日までの期間が、平均して3.9ヶ月かかっております。選考プロセスだけでは無く、候補者さまの退職交渉・引き継ぎ期間なども考慮するとイメージいただけるかと思います。
特に新しいポジションの場合は、採用要件のすり合わせや、各種採用媒体・エージェントさまへの公開も必要となりますので、採用したい!とご依頼いただいてから最低でも5ヶ月はかかるとご認識ください!

さて、継続的にリファラルでのご入社もいただいており、大変嬉しい限りではあるのですが、直近ご入社された方向けに改めてリファラル関連制度のおさらいをしたいと思います!

リファラル関連制度のおさらい

冒頭でお伝えした通り、2020年度下期の内定承諾目標87名に対し、残り57名という状況です...!かつ、ご応募からご入社まで平均して3.9ヶ月かかっているため、年内に内定のご承諾をいただくためには、今のタイミングでのご紹介がとても大切です!

※ コロナウイルスの状況を見ながら、柔軟に制度の調整を行っています。日頃のアップデートにもぜひご注目ください。

リファラルごはん
● 自分が「SmartHRに入社して欲しいと思っている方の応募促進」を目的としています
● オンライン・オフライン、それぞれの会食に上限金額と上限参加人数が決まっています
● 実施される場合は、事前申請(Slack)👉 実施報告(DocBase)👉 経費精算をお願いします
いい人紹介ありがとう制度
● 紹介してくれた候補者さまが採用に至った場合に、感謝の気持ちとして紹介社員にお礼(いい人紹介ありがとう手当)をお渡しする制度です
● Slackで「リファラルフォーム( :referral: )」の絵文字を投稿するとbotが起動します。そのリンクに沿って紹介者の情報登録を行ってください
ごめんねごはん
● 社員紹介したけど選考(面接以降)でNGになってしまった場合に、紹介社員と候補者さまとの関係性を崩さないための制度です
● オンライン・オフライン、それぞれの会食に上限金額と上限参加人数が決まっています
● 実施される場合は、事前申請(Slack)👉 経費精算をお願いします

詳細の条件面は、DocBaseでもまとめているのでご確認の上ぜひぜひ活用してください。
「こんな方がいるんだけどどうかな?」、「このポジションってどんな人を採用しようとしていますか?」など、迷ったら採用担当までお声がけください!

おわりに

※ 採用担当も募集中なのでまわりに良い方がいらっしゃいましたらぜひ😉
 2020年10月16日(金)には、SmartHR公開雑談 vol.2 としてエンジニア採用についてあれこれ雑談しますよ!ぜひこちらの拡散もお願いします!

SmartHR 公開雑談Vol.2  「公開!エンジニア採用定例ミーティング」

お忙しい中、長文のご報告をお読みいただきありがとうございました。
引き続き、みなさんと一緒に採用活動を前進させていきたいと思っておりますのでどうぞよろしくお願いいたします!🚀

この記事が参加している募集

オープン社内報

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!スキありがとうございます!
108
株式会社SmartHRの社内報です。

こちらでもピックアップされています

SmartHRオープン社内報
SmartHRオープン社内報
  • 51本

株式会社SmartHRの社内報です。オープンにしておいたほうが何かと便利なので、社外の方でも誰でも読めるオープン社内報として情報を届けていきたいと思います!